自己破産手続きを検討する人で持っている負債に対しその保証人となる人が存在する場合は事前にきちんと相談しておいたほうがいいでしょう。エマルジョンリムーバー 感想

もう一度、改めて言いますが、ほかに保証人が付いているときは破産の前に考えた方がいいでしょう。

というのは自分が破産手続きを出して受理されれば保証人になっている人があなたの義務をみな負う義務が生じるからです。

だから、自己破産前に保証人となる人に、今までの内容とかおかれた現状を説明し、お詫びをしなければなりません。

これらのことは保証してくれる人の立場に立つと当然のことです。

借金をしたあなたが破産申告することで、とたんに膨大な返済義務が発生するのです。

そして、以降のその保証人の行動の選択ルート次の4つです。

1点目ですが、保証人となる人が「全額返済する」ことです。

あなたの保証人がそれら数百万円の負債を苦労することなく返金できるほどの貯金を用意していれば、この方法が選択できるでしょう。

そういう場合はむしろそのまま破産手続きせずに保証人となる人に立て替えをお願いして、あなた自身は保証人自身に月々の返済していくという方法も取れるのではないでしょうか。

保証してくれる人が借金をした人と親しい関係にあるのなら少し返済期間を猶予してもらうことも問題ないかもしれません。

それにひとまとめにして返済が不可能でも業者側も相談により分割に応じるかもしれません。

あなたの保証人にも破産による整理を行われてしまうと、債権がなにも手に入らないことになってしまうからです。

また保証人がそのお金を代わって背負う財力がなければ、あなたとまた同様に何らかの方法での債務整理をすることを選ばなければなりません。

2つめが「任意整理をする」処理です。

この方法の場合相手方と話し合うことによって数年の年月で弁済していく形になります。

弁護士などにお願いするにあたってのかかる経費は債権1件につき4万。

もし7社からの負債があるなら28万円かかります。

むろん貸金業者との交渉は自分ですることもできないことはないかもしれませんがこの分野の経験や知識がない方の場合相手が自分たちに有利な条件を投げてくるので、注意が必要です。

それと、任意整理を行うという場合もその保証人に負債を負ってもらうわけなので借りた人はたとえ少しずつでもあなたの保証人に返済していく必要があります。

さらに3つめは保証人である人もあなたと同じく「破産する」場合です。

保証人となる人も借金した人と同じく破産を申し立てれば保証人である人の義務も返さなくて良いことになります。

しかしながら、保証人が戸建て住宅などを登記している場合は所有する個人資産を取り上げられますし、資格制限がある職業についている場合などは影響を受けます。

そのような場合、個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

一番最後に4つめの選択肢は、「個人再生を利用する」ことができます。

戸建て住宅などを処分せず整理を望む場合や破産宣告では資格制限があるお仕事についている方に有効なのが個人再生による整理です。

この手段ならマンション等は処分する必要はありませんし破産手続きのような職種制限、資格制限等は何もありません。