クレジットを店にて利用する時、みなさん感じたことがあるかと考えますがレジのスタッフが理解していないことでどちらの明細をお客さんに渡すのか迷っていることがあるかと思います。といいますのも、クレカを利用するとマシンの方から複数枚の紙が吐き出されるためでありこれらのどの明細をお客様に渡すべきかわからないということがあります。明細の意味》この複数の明細の説明はいかなるものなのかを要約すると↓の通りです。1客へ保管して頂く明細レシート。2お店の控え使用レシート。3クレジットカード会社控え用明細レシート(記名をする紙)。通常であれば例外なく利用者に対して渡すべき使用明細の方をもらうものですが稀に、別の明細レシートをお客様のもとへ誤って渡してしまうということであったり、記名した利用レシート自体を渡すというような大きなミスすら見られます。バイトの従業員や、普段クレジットが利用されないお店で会計する際使うと、そのようなレジ担当者の迷いというものが体験できるようです。仮に従業員が違う使用レシートというものを渡してきた際は、どうぞ「こちらじゃありませんよ」などと教育してあげてください。