間接クレジットの仕方は単純です。クレジットカードによって直接購入できない品物をダイレクトに支払うという手段ではなく直接商品を買わずに買い付けする方が得策です。文章が明快な事によりまずはある商品券の例を用いて説明してみたいと思っています。モデルとなる個人が価値のある財布を手に入れたいとそれを見ています。その高価な財布を販売している場所では買おうとしてもクレジットカードで取引することが不可能です。ところがVISA、MasterCard、NICOSなどの金券によってなら許可してくれるようなのです。したがってモデルになる男性はクレジットカードでギフト券を購入した後でギフト券を売っている場所に訪ねクレジットを活用してJCB、NICOSなどの金券を取り寄せしてみます。そのあと駆使したクレジットカードを利用して購入したJCB、Diners clubなどのギフト券を売店に携帯していき、買いたかった一流の服を買い取ったとします。「どうしてギフトカードで購入した女性は例のような手間がかかるやり方をしてるの?」と疑問に思うかもしれませんが、実際先ほど示したやり方を運用するとなら手に入れられる事はないクレジットカードポイントがもらえます。通常通り、直接お金を払う事で一流の財布を購入したりした場合でもポイントは得られませんし、JCB、NICOSなどの商品券をキャッシュで注文した上で使用してもポイントは獲得できません。しかしながら今話した場合の時はDiners clubなどのギフトカードをクレジットカードで買ったので高価な財布を購入した状態と等しい量のクレジットポイントが獲得できるという事なのです。こういう状態が間接的にクレジットカードを活用したことという根拠で、間接クレジットと名づけられた仕方です。