カードの強制没収というのは言葉が指す通り理由の如何にかかわらずクレジットカードを退会(停止)されてしまうことを言います。強制失効になってしまうと当然それらのクレジットがその時点以降は完全に決済できなくなります。没収させられてしまうパターンは色々●クレカを強制的に失効となる事象は様々。普段の支払いにて切る等特段の事情なくクレジットを切っている際においてはあなたが強制退会となってしまう理由などそうないはずですので心配しないで頂きたいのですが失効となる事情について頭の片隅に留めておくということをすればクレジットカードを安心して使えることにもなると考えるためそのパターンの具体的な話に関して記述できればと思う。兎にも角にも言えるのはクレカの会社に対して信用されなくなってしまう取引をしてしまったりすることもしくはクレジットカード会社にマイナスとなるような取引をしないことでまずもって強制没収などはないのではないでしょうか。安全に使用するということが最も大切なため、以前に該当することをとってしまった心当たりがおありの人がいらっしゃれば、今後なんとしてもいい履歴データにできるようがんばって欲しく思います。クレジットの請求代金を支払いをしない>こんなものは全く論ずるまでもない話ではあるが、クレカで決済した代金をクレジットの会社に支払いしない踏み倒しをしてしまう場合、もしくは恒常的に借金が原因で利用料金の支払いが滞るといった場合は例外なく強制失効になることになります。カード会社はユーザーのことを信用しているから使用させていているわけであり契約者が支払いを履行しない以上はこれまで得た信頼は完全に消え去ってしまうでしょう。その結果、カードを使用できなくするという手続きでその後の損失を未然に防ぐ対策をしなくてはならないので強制失効となるわけだ。